• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

製品情報

HFJ | 埼玉県熊谷市西野 | HFJ生活事業株式

【肢体不⾃由な方にも自立を推進する排泄処理装置『AEP』】

← AEP仕様書・取扱手順書・立上手順書PDF

介護で必ず直面する排泄ついて。
日常にある排泄をいかに自分で行動できるかを、
真剣に考えて形にしたのが自動排泄処理装置付き
介護ベッドAEPです。
「寝たきりだからトイレに行けない、
自己排泄が出来ない」ではなく、
夜間の間はその場で自分で出来ることは
出来るように、直腸と肛門の角度が出来るだけ
直線になる姿勢を保ち、その真下に
排泄処理装置を設置しました。
処理後は自動で水洗浄し、エアー乾燥し、
肛門部を清潔に保てるようにしています。

【排泄処理装置『AEP』用・その他商品】

臭吸剤
臭吸剤
press to zoom
専用おむつカバー
専用おむつカバー
press to zoom
男性用尿取りサック
男性用尿取りサック
press to zoom
専用回収袋
専用回収袋
press to zoom
専用BOXシーツ
専用BOXシーツ
press to zoom
専用紙おむつ/専用尿取りパット
専用紙おむつ/専用尿取りパット
press to zoom

【介護者の腰痛を軽減できる高床式介護ベッド『マックス』】

← マックス仕様書PDF

【TAISコード・01753 – 000001】
介護施設、海外市場向けの高床式介護ベッド『マックス』は、
介護者の腰に負担がかかりにくい姿勢で介護できるように、
ベッド高さを900mmまで調整可能な構造としています。
また、フレーム下部から床までのフットスペースを280mm確保し、
介護リフトやサイドテーブルの脚が容易に入るような構造になっています。

【大人の為の安眠揺りかご『シルフ』】

← シルフ仕様書・取扱手順書・使い方PDF

← シルフ脳波と動画URL等シルフの詳しい資料

人生の半分は睡眠に費やされています。

世界では良質な睡眠は自律神経を整え、自己治癒力を最大限に引き出すものであると、医療・リラクゼーションの垣根を超えて広まってきています。何しろ人生の半分は『眠り』なのですから、心と身体の健康に直結しているのも頷けます。

ですが現代日本や先進国では、睡眠について悩みを持つ方が多いといいます。具体的には夜中に何度も目が覚める、なかなか寝付けない、朝起きた時に疲れが残っている、日中何度も眠くなるなどです。そんな方々にこそ使ってみてほしいのが、大人の為の揺りかご『シルフ』。

赤ちゃんの揺りかごの様に心地よい揺らぎの中、良質な眠りに入れるのが、大人の為の揺りかご『シルフ』なのです。

『シルフ』は就寝前にタイマーで使用して、毎日の睡眠を良質なものにしたり、短時間使用でリラックス効果を高め、ストレスフリーを図ったり等、様々な場面で使用できます。またベッドを上に乗せて使う物なので、お手持ちのベッドですぐに心地よい眠りを体験できます。

【TAISコード・01753 – 000003】

【加圧軽減機能付きマットレス『スライダー』】

←スライダー仕様書PDF

【TAISコード・01753 – 000002】

 

介護ベッドで起き上がるときにおこるのが腹部加圧。

 

腹部加圧は見過ごされがちですが、

ベッドから移乗する度に感じていると、

とても不快で動くのも嫌になってしまうといった声を聞き、

製作されたマットレスです。

 

当社開発の特殊構造によって形にされた

腹部加圧軽減マットレス『スライダー』は、

そんなお悩みを軽減します。